Site Overlay

[裕福になる為の基本]自分を重視する「人は忘れる生き物です!復習をしよう!」

このブログでは学んだ事や過去の実績を基に

有益な情報を無償で共有し学びの場として

公開しています

~時のブログ~

なぜ我々は裕福になる方法や事業の起こし方を学校で教えてもらえないのでしょうか?

敗戦国であるが故、国民に権力を与える事を恐れた国家の仕業だと知っていますか?

税金の高い日本では、いくら頑張ってお金を稼いでも、最終的に国の財布にされてしまっているのです

税の仕組みをはじめ様々な事を学ばなければ、国に搾取されるだけの人生となります

では誰に学べば良いのか?誰が教えてくれるのか?

もちろん先人であるメンターに出会えれば、それに越した事はありません

一般的には学校の先生も教えてくれませんし、学んで来なかった親からも教えてもらう事はありません

成功者(メンター)との出会いや書籍から知識を得るしかないのです

一番簡単なのは本を読む事です

「人間は読んだ本で出来ている」と言う名言があります

しかも自分では失敗をする事無く、先人が失敗をしながら得た知識と本質を得る事が出来るのが読書です

次に簡単なのが交友関係を見直す事です

自分より優れた人に囲まれていれば、あなたは成長します

自分より劣った人に囲まれていると、あなたは停滞するだけです

意識しているのとしていないのでは大きく人生が違ってきます

幸福で裕福な人は共通してこの様な常識を持っているので参考にしてください

自分を重視する

自尊心を持つ

自尊心を持つ事で自信が湧いてきます

立ち止まるか?前進できるか?これは先に一歩踏み出す為の自信によって行動が決まるからです

自尊心があまりない人は、リスクを負わない事で自分を保護しようとします

しかし、リスクを負わない人は、何も出来ず、何者にもなれません

失敗をあらかじめ経験する事は、今後の人生を成功へ近づける大切な要素です

お金を稼ぐ事は「悪」ではない

「貧乏が美徳」と言っていた時代は終わっています

しかし今現在でもこの昭和の考え方を引きずっている人が多いのは事実です

「今は令和ですよ」と言う話です

お金儲けが悪であるのなら、多額の儲けから支払われた税金のおかげで、綺麗な道路を走り、上下水道も整備された環境で生きている我々は全て、悪のおこぼれを頂いている事になります

年収800万円以下の人は、自分だけの支払った税金では、あなたが今の環境に住めない事を知っていますか?

足りない分は高所得者の税金で補填されているているのです

サラリーマンの平均年収が450万という事は、お金を沢山稼いでいる人に感謝しなくてはいけない人の方が圧倒的に多いという事になります

話が少し逸れてしまいましたが、自分を信じる事と、裕福になると信じ続ける事が大切です

お金の使い方を知らない人の元へ大金が入れば、その人の人生を駄目にしてしまうのも事実です

しかしお金の使い方を知っていれば、大金を手にしても不幸になる事はありません

お金とはあくまでも道具であり、使い方次第で裕福になったり貧乏になったりするという事です

退職金を銀行や不動産投資のセールスマンの言うがままに投資へつぎ込み、大切なお金を全て泡にしてしまうパターンは無知な行動そのものですが、しかし良くあるパターンなのです

自分を底辺に考える

いくら事業が上手く行っていても、大金を手にしたとしても、あなたは一人の人間でしかありません

間違いも起こしますし、失敗もします

いくら大金を手にしたとは言え、自分を底辺に置き学ぶ姿勢を忘れてしまっては、どん底へ突き落されてしまいます

この様なマインドを持っていなくては、裕福になっても幸せにはなる事が出来ないという事を覚えておきましょう

全ては自分に責任がある

過去の栄光にしがみつき、いつまでも同じ事の繰り返しでは成長できません

時代の移り変わりに対応できなくてはいけないからです

その判断を下すのは自分しかいません

人のせいにする様に責任転換したり、環境のせいにしている行為は、自分の影響力を他に投げて、自分の影響力を無くしている行為になります

影響力が無い人間に魅力は無いですよね?

人のせいにしている人間に魅力が無いのはこう言う根拠からです

責任は全て自分にあると認識しましょう

[自己判断]自己責任論「人生の主役」何事も発生点は自分にある!

更に自己投資をして自信と影響力を増していく事を継続しなくてはいけません

何度でも復習する

人間は忘れる動物

忙しい日々を送る中で人は3日もすれば、そのほとんどを忘れてしまいます

いくら良い事を読み聞きしても、忘れてしまうのが人間なのです

例えば建設業では、安全対策や安全意識に関して、何度も何度も繰り返し教育するのはその為です

忘れてしまって当たり前である事を認識しておきましょう

その為にも復習する事が必要です

もちろん以前、触れた内容ですので、速読並みに復習できると思いますから、時間を浪費する事はありません

以前に共感した内容でも当たり前に感じる事が出来るのであれば、今のあなたが成長した証ですし、アウトプット出来ている証明になります

とは言え、こうした基本は振り返る事に意味があり、自分の成長を確認出来ますので、間違いなく復習はやった方が良いです

マネーマシン

マネーマシンを持つ

富裕層はお金を生み出すマネーマシンを持っています

自分がマネーマシンであれば、一人の収益ですのでたかが知れています

自動でお金を生むマネーマシンを所有する事がポイントなのです

例えば、事業を所有するとか、ネットビジネスで自動化するなどの不労所得を持つ事です

株式積立投資も不労所得の一つですし、不動産家賃収入も不労所得ですよね

マネーマシンを数多く持つ事で億万長者への道が開けます

資本主義国家で生きる

資本主義国家において、資本を多く持っている人が有利になる仕組みである事は当然の事なのです

事業を立ち上げ、軌道に乗せ、社長を雇い、運営を任せる

これをいくつも持つ事が富裕層への近道です

もちろんすべての事業が順調にいくわけありません

10事業中、1件でも成功すれば良い方かもしれません

この様に失敗と言うリスクを取らなくてはいけないのです

かと言って、失敗しても命まで取られる事はありませんし、その失敗を次に生かす事が出来ます

そして、失敗する確率も減ってきます

[基本]「資本主義社会を理解しよう!」資本主義社会に生きる上での基本知識

まずは軍資金を作る

いずれにせよ軍資金は貯める必要がありますので、自分がマネーマシンとなる時期は誰にでもあります

この時期にどれだけ自己投資をしてスキルや知識を身につけ、起業に役立つものを手に入れられるかという事がカギとなります

思考停止して、なんとなく会社へ通い、なんとなく業務をこなしている様では、何時になっても裕福になる事は出来ないのです

逆を言えば、この方法を知り、目標をもって行動する事で、誰でも資産5000万~1億円の準富裕層になる事が出来るのです

更に成功すれば、資産1億~5億円の富裕層や、資産5億円以上の超富裕層も手が届くでしょう

あくまでもこの方法を知らなくては何も出来ませんし、知識×行動=結果ですので、知識が0でも、行動が0でも結果は0になります

まとめ

過去記事で軍資金(種銭)の作り方も解説しています

[種銭(軍資金)作り]貯金の増やし方「資産形成はこうして実践する」

こちらも参考にしてください

また、準富裕層のなり方についても解説していますので復習してみてください

[準富裕層]誰でもなれる小金持ち(理解すれば誰でもなれますよ)

基本的にはお金の勉強を教えてもらう機会が与えられていませんので、きっかけや出会いを活かすしかないのです

この様な世界を知ったのなら、自分で調べてみるとか、より上質な情報を求めるべきです

本を読む、人に会いに行く、方法は様々ですが行動するという事では共通しています

行動せずに、面倒くさがったり、自分を甘やかしていては裕福になることは出来ません

知識×行動=結果です

どちらかが0であれば結果は0にしかならないのです

皆さんは裕福になる事を自由に選択できます

常に責任は自分にあるからです

裕福になっても自分の責任ですし、貧乏であっても自分の責任です

お金と言う道具を使いこなし、お金と良い関係性を築く事でお金の本質が見えてきます

心のどこかで「お金は悪」と思っている人が多くいますが、それは行動しない自分への言い訳でしかありません

「自分は今のままで十分幸せだ」と言う人も多くいますが、それは新しい事に対してのリスクや恐怖感を誤魔化して、自分を甘やかしているにすぎません

実際に行動してみた結果として、自分にお金持ちは合わないと判断したのであれば、元の生活に戻れば良いですし、何も行動していない状態で、未来予想を評価するのは間違っています

自分の一生のライバルは「自分」なのです

決断力が無いとか、一歩踏み出す勇気が無いとか、リスクが怖くて何も出来ないとか、新しい事に手を出すのが面倒だとか、常に弱い自分や怠けものの自分と戦い続けなくてはいけません

そして自分に打ち勝つには自尊心をもって自信を身につける事が大切です

多くの人々は、自分を甘やかして「楽」を選択します

お金持ちが少ないのはこの理由からです

そのおかげで、少し頑張っただけでも群衆から抜け出す事が出来ます

その事に早く気付きましょう!

正しく「今日が人生で一番若い日」です!

行動あるのみですので、頑張りましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA