Site Overlay

行動の真実「知ってる・出来る」と「やる」は違う[踏み出す勇気]

このブログでは学んだ事や過去の実績を基に

有益な情報を無償で共有し学びの場として

公開しています

~時のブログ~

新しい事に挑戦したいけど踏み出せない方や

今後、新しい事に挑戦しなくてはいけない方の

背中を押す事が出来ればと思い情報共有します

それでは学んでいきましょう

挑戦への行動

それでは始めていきましょう

期待と不安

初めての試みに直面した時に、誰しも

期待と不安に心を揺さぶられるのでは

ないでしょうか

期待と不安を分けて考える事で対処

していきましょう

<期待への対応>

成功してやり遂げた時の自分をイメージ

する事が大切です

方法論は始めてみれば後から付いてきます

しっかりと成功後の自分をイメージして

脳裏に焼き付けておきましょう

<不安への対応>

不安の原因は無知から来るのです

学ぶ以外に不安解消の手段は

無いと思ってください

先駆者や成功者の意見も聞く様にして

参考にさせて頂きましょう

「知ってる・出来る」と「やる」は違う

幾ら知識やスキルがあっても行動しなくては

意味を成しません

スキル(情報・知識)× 行動=結果(成果)

スキルがあっても行動しなくては結果はゼロです

スキルが無く、やみくもに行動しても結果はゼロです

最低限の知識を身に付けて、出来るだけ早くに

行動する事が必要です

何事も早く始めた分だけ結果が出やすくなります

先ずは行動して(やって)みて実績を残す事です

踏み出す勇気

大半の人は準備万端で行動しようとします

特に日本人に多いです

日本人は失敗を悪い事と認識しているので

始める前にリスクを回避しようとします

この現実は日本企業と海外の企業との

決定的差の原因となっています

少し話が逸れますが、日本企業は完璧を

求めてから商品を市場に出します

海外の企業は先ずは市場に出してから

改善して仕上げていきます

不具合が生じてもリコールなどの初期対応を

誠実にスピード感をもってフォローして改善

すれば、信頼を失う事無く継続できます

隠ぺい体質などの不誠実な対応や、対応の

悪さが信頼を損ない、評価を下げるのです

<先ずは行動する事>

始めなくては見えない世界があります

新しい事に挑戦すれば、新たな世界を感じ取り

自分と言う商品がどこまで通用するのか?

そんな気持ちになると思います

それは誰でも同じ事です

方向性を修正し、常に改善を心掛けて継続

していきましょう

初めは失敗して当たり前です

失敗を恐れていては成長に後れを生じさせ

差が出てしまいます

失敗を恐れずに成功までの必要要素と思って

改善だけに集中しましょう

日本人が恐れる失敗ですが、成功は多くの人目に

ついて評価されますが、失敗は人目につかない

事をやってしまっているので、評価とか、他人の

目線とか、特に考える必要が無いのです

評価される価値すら無いのですから、気にする方が

おかしいですよね?

日本人は失敗に対して過敏になり過ぎています

育てられ方の問題ですので仕方ないのですが、

早く其処に気付ければ楽になりますよ!

継続への行動

一歩踏みだした方へのアドバイス

問題点や改善点がみえたはず

問題点や改善点をクリアする事でスキルが

身に付いてきます

この繰り返しが成功への過程となります

行動→結果→改善→行動→結果→改善→

この繰り返しです

継続が一番大変なのです

始める事も大変だと思いますが、継続する

事が一番大変なのです

例えば、社長には誰でもなる事が出来ます

しかしそれを継続できるかと言うと、

また別の話ですよね

要するに継続すると言う事は、成長を

し続けなくてはいけません

何処かのレベルで満足して失速したり、

立ち止まってしまう事により潰されます

いつでもインプット・アウトプットを

繰り返し、進化しながら行動しなくては

いけません

継続の過程で小さな目標を設定し、それを

クリアする事で小さな達成感を味わう事も

とても大切で、達成感を味わう事無く継続

する事は多分無理だと思います

達成感を味わう事も継続への力となります

継続は力なり

超有名なことわざですが、正にその通りで

やり続けるとか、君臨し続けるとか、

成果を出し続ける事が実力として評価され

実績として残ります

例えば、高校の部活動で、レギュラーでは

無くとも3年間続けたのなら、実績として

残りますし、自信にもつながります

レギュラーになれないからと言って、途中で

辞めてしまっては、何も残りませんよね

行動する為に

行動する為に必要なポイントを説明します

  • マインドセット
  • 環境づくり
  • 先人の知恵

この3つに分けて進めていきます

マインドセット

行動する目的を明確にする事です

明確にする事によってブレない信念が持てます

臨機応変に改善し対応する事と信念を曲げる事

とは意味が違います

最終目的に変わりはありません

失敗をイメージするのではなく成功をイメージ

して継続しましょう

環境づくり

マイナス要因の排除

「やめた方が良い」「失敗する」などの

否定的な意見しか言わない人とは関わらない事

同じ挑戦をしていない人の意見は無意味です

身近に成功者が生まれる事への恐怖心と嫉妬

でしかないからです

同じ意識の仲間

あなたが本気で取り組めば、同じ意識の人が

近づいてきます

その事でモチベーションが上がります

先程も言いましたが、意識の低い人とは

距離を置きましょう

先人の知恵

成功者や先人のハウツーを参考にしましょう

本やSNSから情報を収集し活かしましょう

その事で無駄な失敗が減り、成功への近道に

なります

新しい発見もあるでしょう

モチベーションも上がります

先人が応援してくれるようになれば、更に

ラッキーですよね!

まとめ

今回は「知ってる・出来る」と「やる」は違う

と言う事で説明してきました

スキル(情報・知識)× 行動=結果(成果)

アイデアやスキルがあっても行動しない人が

殆どですので、逆を言えば、行動した人が

成功できると言う事になります

行動無くして成果物は生まれません

たとえ失敗したとしても、改善する事で

成長する事が出来ます

皆さんが想定している挑戦を失敗しても

命まで取られる事は無いですよね

だとしたら、挑戦しなくては勿体ない

また、始める時の勇気も大変ですが、

継続する事が一番大変だと言う事も

お伝えしました

しかし継続しなくては実績が積まれず

一時の成功だけでは薄っぺらい実績に

なってしまうものです

継続した実績は本当に強いです

それと人間は一人で悩んだ時に、

防衛本能が働き、失敗する事の心配を

メインに考えてしまうのです

悪い方向へと意識が向いていきます

それを理解していなくては、そのまま

何もせずに終わってしまいます

小学校や中学校、高校へ入学する際に

新たな環境への期待と不安がありましたよね

しかし実際にその環境に飛び込んでしまえば

前日まで考えていた不安など消えてしまい

その環境で何をするかと言う考えにシフト

したのではないでしょうか?

まずは行動しなくては何も判らないのです

ビジネスにおいて行動し、新たな環境に

身を置いて試行錯誤した際に、明らかに

自分が不利益になるとか、利用されている

だけになっているとか、全く得るものが無いと

判断したのであれば辞めて、別の挑戦を

した方が良い場合もあります

辛いから逃げるのではなく、メリットと

デメリットの観点から判断してください

いずれ、様々な経験を積む為にも、行動する

事が大前提ですので、行動無くして何も

生まれないのは事実です

1度の人生ですので、沢山の体験をする方が

良いと思いませんか?

  • 挑戦への行動
  • 継続への行動
  • 行動する為に

この3つに分けてお伝えしましたが、

是非とも参考にして行動してみて下さい

今まで見えなかった景色が見えてきます

皆さんの人としての価値も積みあがります

やるなら今しか無いのです

人生の期限は決まっています

だからこそ、やるなら今しか無いのです

応援しています

それではまた!

[経験談]豊かな人生を掴んだ奇跡「経験と実績から学ぶ人生論」豊かな人生を得るには実践するしかない

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA