Site Overlay

[器の大きな人と小さな人]憧れられる存在をめざせ!「自分の器を大きくする為にはどうすれば良いのか?」

このブログでは学んだ事や過去の実績を基に

有益な情報を無償で共有し学びの場として

公開しています

~時のブログ~

一言で器の大きな人と言っても、どんな人

の事を言うのか未知な部分があります

しかし器の大きな人は周りから慕われ、

メリットが大きい事は理解できますよね

誰しも憧れるのではないでしょうか?

自分の器を大きくする為にはどうすれば

良いのでしょうか?

深掘りしたいと思います

器の大きさとは?

器の大きさの判断基準

器の大きさと言っても客観的な概念であり

目に見える基準としての計りがある訳では

ありません

客観的に器の大きな人は魅力的であると

言う概念ではないでしょうか?

逆に器の小さい人の印象は良くないです

器の大きさとお金の関係

人の器の大きさとお金の関係は比例

していると言えます

仮に大金が舞い込んでも、納める

器が小さければ溢れてしまいます

いわゆる死に金になってしまうと

言う事です

宝くじ等で大金を手にした人が、

正にこのパターンです

器が大きければ、死に金にする

事無く、資産として貯めておく事

も出来ますし、運用する事も可能

になる訳です

逆に生きたお金は器の大きな所に

集まると言っても過言ではありません

ですので、器の大きさとお金の関係は

比例すると言われるのです

器が大きい方が得

お金だけではなく、人間関係やビジネス

に関しても、器の大きな人は得な事は

誰でも承知しているところです

もしも自分の会社の社長が、器の小さい

人だったら嫌ですよね

または器の小さい先輩に「ついて来い」

と言われても迷惑ではないでしょうか?

結局はこういう事なのです

器の小さい人の特徴

あくまでも基準値が無いのでイメージ

的な事になりますが、皆さんはどんな

イメージを持っていますか?

器の小さい人はどういう人?

イメージ的には

  • 怒りっぽい・すぐにキレる
  • せこい・ずる賢い

こんなところではないでしょうか?

いずれ良いイメージではありません

怒りっぽい・すぐキレる

「怒る」「キレる」定義と言いますか

なぜそうなるのかを掘り下げますと、

「自分のキャパシティーを越えた時に

対応できなくなり、騒いだりして

自分をごまかす有様」

ではないでしょうか?

要するに器が小さいので、自分の許容

範囲を超えた時に対処できなくなるのです

正に器の小ささが浮き彫りですよね

せこい・ずる賢い

自分には能力が無いのだけれど、器の

大きな人を利用しようとして、近づき

自分の身を隠す事で誤魔化している人

をよく見かけます

要するに自分個人で責任をもって行動

出来ない人を言うのではないでしょうか

経験値不足であったり、判断力が劣って

いる等の原因がある様に思えます

謙虚な努力家とは真逆ですよね

器の大きい人の特徴

これもイメージ的にです

器の大きい人はどんな人?

  • 寛大で大らか・優しい
  • テイカーではなくギバー

ザクっとですけれど、こんな感じでは

ないでしょうか?

寛大で大らか・優しい

おっとりしているとか鈍感な感じでは

全く無く、不意な事象にもポジティブ

に向き合い、対応する能力があると

言えます

経験値が高く、何事にも余裕をもって

対処できるイメージがあります

テイカーではなくギバー

周りの人の為に、自分の能力を惜しみ

なく発揮する姿は、器の大きさを物語る

のではないでしょうか?

根本には真面目で謙虚な努力家である

事と、善意や感謝の気持ちを持っている

と言えるでしょう

高い経験値と行動力が備わっている事

が伺えます

[ビジネス思考]「自己投資」GIVE&TAKE 与える人こそ成功する時代

器を大きくする為にやるべき事

ここまでの説明でもうお判りの方も

いらっしゃると思いますが、器を

大きくする為に必要な事は、たった

一つの流れに集約できます

沢山行動し、色んな経験を積む事

ここで言う経験とは「成功と失敗」の

事を意味します

沢山行動して多くの成功と失敗を繰り

返してこそ、自分が成長しますし、

他人に対して優しくもなれます

経験値が高く行動力があり、周りに

対して優しい姿こそ、器の大きな人と

言われる様になる要素です

器が大きくなる事での利点

器が大きくなる事で人が集まります

人が集まる所にお金は集まります

人生における幸せを手に入れる事が

出来る様になります

人とお金が集まる事で、更に大きな

行動を起こす事が出来る様になります

そして器を最大化出来るのです

但し、スキルも肩書きもあとから付いて

来るものですから、混同しない様にしな

くてはいけません

肩書だけでは器の大きさに比例しません

あくまでも人の本質にあるからです

器の小さい人は損をします

レストランや呑み屋さんで「俺は客だぞ」

と傲慢な態度を取っている人を見かけます

正に器の小さい人だと感じる瞬間です

一緒にビジネスをしたいとも思いませんし

親戚に一人いても嫌ですよね

人が集まらない所へはお金も集まりません

ビジネスどころか関わりたくない存在です

まとめ

器の大きさは客観的概念であり

基準としての計りは無い

しかし器の大きな人と言うのは

明らかに人が集まりお金が集まる

結果を生み出し、プライベート

でもビジネスでも得をしている

言葉を替えれば徳を積んでいるとも

言えるのではないでしょうか

人としての理想像

多くの経験を積み、成功と失敗を

重ねてきた事で、人の痛みを知り

周囲に優しくなり、経験値が高まる

程に自信がつき、不意の事象に対し

冷静にポジティブに対応できる

正に尊敬される存在となる訳です

目指すべきところ

「器の小さい奴だ」と言われるよりも、

「器の大きな人」と誰もが言われたいと

思うはずです

目指すべきところ、目標としても良い

のではないでしょうか?

形のないものですが、ただ漠然と

考えるのではなく、今回の説明の中で

自分の中で形にしていけば近づけます

器を大きくする為にやるべき事

多くの経験を積む為に沢山の行動を

する必要があります

やみくもに動くのではなく、挑戦を

して行く事にコミットしなくては

いけません

挑戦は多くの失敗を生み経験値を

高めてくれます

その中での成功は新たな挑戦への

活力となり、継続力を高めます

この繰り返ししか無いのです

結局、何事も行動が全て

何を目標にしたとしても、行動をする事

行動しなくては結果が生まれず、ゼロの

ままになってしまいます

  • お金持ちになりたい
  • 起業して成功したい
  • 副業で家計を楽にしたい
  • 投資を始めたい
  • 幸せになりたい

結局、その為に行動してますか?

と言う事に尽きるのです

行動力が全てです

失敗を恐れて何もしない事にも責任が

ある事を理解しましょう

何もせずに後悔するくらいなら、行動して

失敗した方が経験値は上がりますし、

改善して次のステップへ進む事が出来ます

人生の中で時間は有限です

限られた時間の中でやれる事をやり尽す

くらいの気持ちで駆け抜けてみましょう

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA