Site Overlay

[考察]人は死に向かって生きている「このブログは何時まで存在するのか?」

このブログでは学んだ事や過去の実績を基に有益な情報を無償で共有し学びの場として 公開しています

~時のブログ~

誰しも人生は一度きりですので、死までの時間を大切に生きるべきです

判り切った話かも知れませんが、誰しもいつかは死んでしまうのです

宗教っぽいかも知れないですが、こればかりは真実です

私は小学6年の時に親の死や自分がいずれ死ぬ事をとても恐れていました

夜に寝るのが怖くて泣いていたのです

こうした思考によって、私は残された時間に執着する様になりました

今年の夏で56歳になりますが、終活を始めようと思っています

その中の一環として、このブログがいつまで存在するのか?を考えたのです

弊社の社員に自分が引退した後でも、この世で生きて行く術を残す事をきっかけに始めたブログです

今では社員以外の方々にも見て頂いています

さてそれでは、いずれこのブログが消滅する流れをお話ししたいと思います

自然消滅

自然消滅にも様々な要因によってパターンがあると思います

モチベーション

当然、私の意欲が無くなれば、または発信する事への意味を見失った時にこのブログは終了するでしょう

個人的に全く利益の無い発信を続けていく事に必要な事はただ一つ、私個人のギバーとしての信念だけです

全く利益が無いと言うのは語弊があるかもしれません

間違いなくこのブログで繋がっている、前を向いて努力している皆さんとの関係が生まれた事は事実です

鬱病を抱えた私がモチベーションを上げる作業は、皆さんの予想以上に大変な事なのです

趣味のソロキャンプへも行かなくなった事で、状況は理解できると思います

仕事に関連する事として、健康や鬱の改善にも良いゴルフへは行くように努力している状況です

調子の悪い時は近場でも仲間に運転して貰ったりと、仲間に支えられ感謝の中で頑張っています

財力

当然の事ですが、物理的に破産したりすればブログを継続できません

可能性はかなり低いですが、今の世の中ではいつ何時何が起きてもおかしくないのは事実ですね

今の日本国では「大手企業だから倒産の危機が無い」などと戯言は通用しません

私が投機(ギャンブル)にハマって、人生を破局へ向かわせる事があれば、破綻もあり得ますけど(笑)

NET回線を保有する事が出来なくなったり、パソコンや携帯電話すら持てない状況になれば継続は不可能ですね

トラブル

国際社会から孤立した国からのミサイル一つで世の中が変わります

世界情勢はそれ程危機に面しています

平和ボケした日本人には判らないかも知れませんが、世の中はこの危機感に今後の判断を迫られています

個人的な事でも、病気になったとか家庭崩壊したとか、ブログどころではなくなってしまえば辞めざるを得ません

事件や事故に巻き込まれたとか、さらわれたり殺されたりしたら物理的に無理ですよね

実際のところトラブルに関しては予想不可能ですので、何があるか判らないと言うのが正解でしょう

後継者不在

家族や仲間が引き継いでくれるかどうかという事になります

無理だよなぁ~

先ずはブログのシステムが理解していないし、レンタルサーバーやアカウントすら理解していないので継続は無理ですね

親が残した資産は不動産や現金以外に興味ないでしょうね

知識と言う資産は既に何度も話しているけれど、息子は理解していないと言うか逃げているので、余程息子の嫁さんの方が可能性はあるかな?

とは言え利益があるなら引き継ぐ可能性はあるだろうけど、利益の無い負担しかない事を引き継ぐのは難しいよね

このブログを利益が上がる仕組み替え出来るぐらいなら、とっくに自分でやってるって事

社員

今の段階では後世の事よりも自分の事で精一杯と言うところが本音でしょうね

だからいつまで経っても私を越えられないと言う事になるのだけれど、自分自身の事は自分で行動すればどうにでもなるから、自分さえ甘やかさなければ何とでもなるのだけれどね

そのハードルを越えられないと貧乏な生活を送る事になる

人生のどこかで腹を括って必至にやる時は必ず来る訳で、それが若い時なのか年を取ってからやるのかの違いなのね

年を取って体力的にも持続力も衰えた状況で必至に頑張るより、体力のある頭の回転も速い若い時期に苦労した方が幸せになれると言う事

言われた事や与えられた事しか出来ないままでは、自分の理想には近づけないのです

という事でこのブログを引き継ぐ人材は出てくるかな?と言うか、誰にも期待していないと言うのが正直なところです

最後に

書籍や映画などの物理的資本に残す事が出来れば一生涯残す事が出来るかもしれません

先人の知恵に頼らずして、自分自身で未来を切り拓くには前途多難な事はそれこそ先人の実績で立証されています

書籍やこうしたブログなどのSNSに頼る事は、今の社会では当然の事だと思います

そこで得た情報や知識を行動に変えて行けるのであれば、きっと成功の近道を辿っている筈です

そんなきっかけを発信し続けるこのブログが期間限定である事に気付いて欲しいのです

皆さんの人生も有限です

私の人生も、そしてこのブログも然りです

5年後、10年後を見据えた生き方をする事で、その人生は大きく幸せへ向かう事が出来ます

もしもあなたがその数年先の自分を悲観しているのであれば、今の生き方が間違っている証拠になります

周りの有識者に相談して生き方を変えていきましょう

あなたを本気で幸せにしたいと思う人がいるはずです

上辺や職業柄ではなくてです

逆に上辺や職業柄の人達はあなたの資産を搾取する為の人ですので気をつけてください!

本質的には

私が死んだとすると口座が凍結されるか、もしくは先に全財産を下ろして口座を解約してしまう事になるでしょう

そうなればレンタルサーバーの引き落としが出来なくなり、自ずとブログは閉鎖される事となります

但しレンタルサーバーは1年ごとの更新ですので、皆さんが私の死を認識するのは最長で1年後と言う事になります

同じ地域や同職種であればリアルタイムで知る事が出来るでしょうけれど、人間の死の知らせとはこんなものなのですね

誰しも人生は一度きりですので、死までの時間を大切に生きるべきです

判り切った話かも知れませんが、誰しもいつかは死んでしまうのです

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

D・カーネギー人生論新装版 [ デール・カーネギー ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2022/4/25時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA