Site Overlay

[株式投資]何故、今が投資を始めるチャンスなのか?「日経平均とS&P500」

このブログでは学んだ事や過去の実績を基に有益な情報を無償で共有し学びの場として 公開しています

~時のブログ~

私が他のSNSで、「今から投資を始める人にとってチャンス!」だと言いました

何故なのかを詳しく解説したいと思います

また、始めるタイミングについても詳細を説明しますので、宜しくお願いします

2022年1月現在の株式市場

新型コロナウイルスの発生から約2年が経ちました

コロナショックで何が起こったか?

世界で1番大きな株式市場である米国の株式指数でもあるS&P500指数(SPX)で見てみましょう

2年前に大きな下落がありました

これがコロナショックと呼ばれている世界的な株価の大暴落です

そして今現在も下がっていますよね

これはコロナショックで暴落した株価を救済する為に、各国の中央銀行は自国の株を買う事で株価を上げようとする訳です

また、金利を下げてお金を借りやすくして、企業の運転資金を確保するのです

今現時点では経済回復を見込んで、今までの救済処置を止めて、元通りにしようと動き始めています

米国や各国では自国株購入は既に終了し、3月には利上げをする方向が示唆されてきた事で、株価が下がり始めました

ところが日本は・・・

自国株買いを止められず利上げすら出来ないのは、先進国の中で日本ぐらいなのです

日本経済はまだ危機状態にあり、現段階で利上げをすれば流動金利で住宅ローンを借りている人達は利率が上がり、支払いが増える事になりますよね

しかし日本は平均所得が30年以上も上がっていないので、国民が持ちこたえられなくなります

ざっとですが、こんな状況下にある事だけは覚えておいてください

日経平均チャート

それでは日経平均のチャートを見ながら解説していきます

日経平均株価も米国株式に吊られて現在は下落相場となっています

「こんなこちゃこちゃした表を見ても判んないよ」と思う方もいるかもしれませんが、株価とはこうして上げ下げを繰り返して推移していくものなのです

そこで、「株価が一番下げている時に買って、一番高くなったら売れば良い」と言う事になるのですが、これは誰にも解らないのです

上値と底値

例えば下の赤い矢印の時、この下落した時点では、「まだ下がるのではないか?」と思う訳です

次に下の赤い矢印の上昇した場面では、「まだ上がり続けるのではないか?」と思っているのです

ですので、予知能力が無い限り、株価が次にどう動くのかなど、誰にも解らないという事です

そこで株式投資に使われる名言の一つが「頭と尻尾はくれてやれ!」と言う言葉があります

上がり始めてから買って、下がり始めてから売ったとしても利益を出す事は出来るのです

これを順張りと言い、この逆で逆張りと言って予想を付けて前もって売り買いをする方法がありますが、これは投資と言うよりギャンブルに近いですのでお勧めしません

チャート分析

そこで、どうやって上昇トレンドと下落トレンドを見極めるかと言うと、チャート分析が必要になるのです

以前紹介した「MACD」「RSI」「ボリンジャーバンド」この3つを使って分析します

「MACD」「RSI」「ボリンジャーバンド」の説明はまた次回?コメント頂ければ解説します

S&P500チャート

さて、世界最大の株式市場である米国株式市場の指数と言える、S&P500指数を見て行く前に、「このS&P500って何?」と言う方の為に少し説明しておきますね

S&P500とは、米国企業トップ500社の株式平均の推移を表したもので、もちろん業績が悪くなった企業は入れ替えされますので、かなりシビアな世界です

S&P500の中には皆さんも良く知っている、Apple、Amazon、facebook、Google、Microsoftと言ったGAFAMと呼ばれる企業や、今話題のTESLAも入っています

日本経済と米国経済比較

という事でS&P500の説明はここまでにして、早速ですが日経平均とS&P500の過去16年のチャートを見ていきましょう

こちらが日経平均のチャートです

過去16年の日経平均株価指数

そしてこちらがS&P500のチャートです

過去16年のS&P500の株価指数

この二つを比較して、どう思いますか?

暴落時期は世界的ショックによって日経平均もS&P500も下がっていますが、米国経済が安定してずっと成長し続けている事が解りますか?

リーマンショックやコロナショックなどの大暴落があっても、回復している事が解りますか?

米国株式への投資は、長期保有、長期積み立てが最強である事が解りますか?

今の様な下落相場で狼狽売りをし、株価が上がってから買い増しするようでは利益を出せないのです

結局は何もせずに長く持ち続けた方が、資産が増え続けている事になります

未来は誰にも解らない

もちろん、これは過去の実績ですので今後また同じようになるかどうかは誰にも解りません

とは言え、欲を出して短期トレードで利益率を上げようなどと、強欲に駆られると失敗するのは確かです

投資の神、ウォーレン・バフェット氏が言った通り「このチャートを見てたら、米国株式投資で失敗する方が難しい」まさにそう思いますよね

しかし投資で資産を無くしたりする人が絶えないのは、情報や知識を学ばずに強欲で投資と向き合っているからなのでしょうね

まとめ

ここまでの話をまとめますと、日本より米国市場が良いという事と、どうせ買うなら株価が安い時に買おうよって言う事なのです

せっかく投資を始めようとしたのに、高値で買って直ぐに下落して含み損が出たらがっかりしますよね

私も投資を始めた当初は、何も考えず買っていたのですぐに下落する事が多々ありました

米国株式市場の成長率は平均で8%~12%ですが、今回のコロナショックの様な大暴落の事態が起きると数倍の成長率となるのです

ですので、〇〇ショックが起きると富裕層が更に資産を増やし、または富裕層の仲間入りする人がが増えると言う事が現実に起こるのです

定期的に毎月の購入日と金額を決めて積み立てて行く事は、ドルコスト平均法と言って問題ありません

少しでも慣れてきたら、その月の安値で買えるようになり、利益率をドルコスト平均法よりも上げる事が出来る様になります

いずれにせよ、下落相場の今が投資のチャンスである事は理解頂けたと思います

気持ちにゆとりを持って、楽しい投資ライフを送りましょう♬

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ジェイソン流 お金の増やし方 [ 厚切りジェイソン ]
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/1/27時点)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA