Site Overlay

[株式投資]短期投資のチャート分析方法2「実践!売買のタイミング」

このブログでは学んだ事や過去の実績を基に有益な情報を無償で共有し学びの場として 公開しています

~時のブログ~

前回に引き続き、短期投資についてトレードを実践解説していきます

この記事を見る事によって、短期トレードで売買のタイミングを実感する事が出来ます

様々な銘柄のチャートを見るのが楽しくなりますよ♬

それでは学んで行きましょう!

実践!短期トレード

全体像を見る

今回は米国株式のLoews Corporation(ティッカーシンボル:L)のチャートを使っていきます

※ティッカーシンボルは銘柄を検索する際の、番号や英単語の事を指します

3月23日の相場が閉まった状態のチャート表になります

先ずは過去数か月の動きを確認する為に、全体像を確認します

この様に上値や底値をラインで結んでおくと、中期の動向が明確になりますね

そう考えると、単純に赤い底値ラインで買って、青い上値ラインで売れば良い事に気付きますよね

この様に単純な変動を繰り返している銘柄を見つける事も、重要なポイントになってきます

何より自分自身が解り易いですのが一番です!

※このチャート画面はTrading Viewと言うサイトを使っていて、無料枠でも十分使えます

https://jp.tradingview.com/

買いのタイミング

それでは実際に近々の株価変動を見ながら、買いのタイミングを掴んでいきましょう

3月10日のオレンジの破線ラインを見てください

この時の各指数はどうでしょう?

前回のおさらいになりますが、MACDとRSIを見ていきましょう

MACDは丁度オレンジのシグナル線を青いMACD線が上向きにクロスするところです

RSIは51.44と50以上になっています

ボリンジャーバンドは今回の赤い中心線は20日移動平均線ですが、10日現在では中心線を一度上抜けていますが、中央線にタッチした状態で取引が終了しています

まだまだ上のラインまでは余裕がありますので、上がる余力があるように見えます

まさにここが買い時と言う事になります

売りのタイミング

次に売りのタイミングですが、ここでは欲を出して「もっと上がるのでは?」といつまでも保有する事無く、危険なサインが出たらすぐに利益を確定する事が大切です

3月23日このチャートの最終日を見てみると、MACD線は下向きに下げ始めていますし、RSIも下げに転じていますよね

こうしたサインを見落とさずに売りに出して利益を確定します

ここで売りに出しても利益は12営業日で+5.5%程度になります

長期投資では年間8~12%の利益率を目標としている訳ですので、パフォーマンスは短期投資が上である事が解りますね

この様に色んな銘柄のチャートを見て、シュミレーションするだけでも実力は身に付いてきます

これが投資の楽しみでもあるのです

おまけ

このチャートをもう一度見てください

2つの底値(Wボトム)がありますね

先のボトムより後のボトムの価格が高い事が解ります

この様にチャートがWを描いた時に、後のボトムが高い事をWシェイプと呼び、上昇するサインとして見られています

逆に高値(トップ)の後先に肩の様な小さなトップを形成すると、下落トレンドになるサインとして見られているのです

これは過去のパターンを分析した、確立に基づく見方にと言う事になります

まとめ

今回の記事で短期トレードのイメージが出来たのではないでしょうか?

しかし実際に株を購入する段階ですと、下がっている状況で買う事が難しく、上がっている状況で買いがちになるものです

これは実際に体験しないと解らないのですが、今回の様に購入後のチャートが見えている状況だからこそ、問題なく買いのタイミングを掴めたのです

実際はMACDやRSI、ボリンジャーバンドの状態を、よく観察した上で購入に踏み切らなくてはいけませんし、購入日の中でも出来るだけ安い金額で購入したくなるものです

こうした欲と自制心の狭間で指値を決定し、株価の動きを探る事になります

未来は誰しも判りません

一気に上がってしまうのか?、一度下落してから上がるのか?

様々なパターンを経験する事でスキルが身に付いてくるのですから、チャレンジしてみてください

※投資は自己責任・自己判断でお願いします

過去記事はこちら↓

[株式投資]短期投資のチャート分析方法「短期でお小遣いを稼ぐ!」

それではまた!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA