Site Overlay

[自分中心主義の落とし穴]金融商品の闇「資産を守る為の資産運用4つの原則」自分中心主義と自分責任論は別物

このブログでは学んだ事や過去の実績を基に

有益な情報を無償で共有し学びの場として

公開しています

~時のブログ~

強欲にまみれた「自分中心主義」である事に気付かない人々は多く存在しています

「自分は大丈夫」と思っている人でも、本当にそうであるかはある状況に対峙した時でなくては測る事が出来ません

まずは「自分中心主義」について解説していきましょう

そして何故「自分中心主義」が資産を守る上で危険なのかを説明していきます

それでは学んでいきましょう!

「自分中心主義」とは?

「自分中心主義」を簡単に言うのであれば、あたかも自分が映画やドラマの主役であるかのように、普通では考えられないような事が起こったりする事を当たり前と受け止める思考を言います

「たまたま自分だからこそ良い話が飛び込んできた」と言うような思い込みをしてしまうのです

仕事が上手く行っている時など、特に調子の良い時にこの状態に陥りやすいです

逆に悪い事が起こった時は、同じように「自分だから」とは思わず、都合の良い言い訳で自分を誤魔化します

皆さんも思い当たる節があるのではないでしょうか?

金融商品を扱う営業マン

例えば皆さんが証券会社の営業だとしましょう

金融投資商品を売る為にどんな事をするでしょうか?

金融投資商品は得をする部分と損をする部分と両方の可能性を含んでいるものです

真面目で正直なあなたは、お客様に対してメリットとデメリットの両方を理解して頂こうと必死に説明すると思います

しかし人は損をするかもしれない事にお金を出してはくれません

営業成績は上がらず、落ち込んでしまう事でしょう

しかし家庭を守らなければいけませんし、子供を学校へ通わせなくてはいけません

どうしますか?

魔法の言葉

生活を守る為に禁断の魔法の言葉を使いたくなるのです

  • 「絶対に儲かります」
  • 「あなたにだけ特別にお教えします」
  • 「今こそ購入のチャンスです」

冷静になれば解る事なのですが、世の中にはカモになる人々が実際に多く存在します

それはこの記事に出会う前のあなたかも知れません

または、学ぶ事をせずに思考停止した人なのです

「そんな人居ないよ」と思うかもしれませんが、オレオレ詐欺の様な特殊詐欺が多額のお金を騙し取っているのは事実ですし、世の中には情報弱者から資産を搾取する正規のビジネスは山ほどあるのが現実です

正しい情報と知識

カモにされるか、資産を守るか

道はこの二つしかありません

皆さんが必至で稼いだお金を搾取しようとしている人達は沢山います

お金を持てば持つほど、そうした人達はにおいを嗅ぎつけ言葉巧みにすり寄ってきます

会社の役職が上がっても同じ事が起こります

皆さんはどうしたら良いのでしょうか?

資産運用4つの原則

今からカモにされない為に、資産運用に必要な次の4つの原則を説明します

  • 確実に儲かる話はあなたのところには絶対来ない
  • 誰も他人のお金の事を真剣に考えたりしない
  • 誰も本当の事を教えてくれない
  • 自分の資産は自分で守るしかない

では始めて行きましょう!

①確実に儲かる話はあなたのところには絶対来ない

「絶対に儲かる」ならば、赤の他人にもうけ話をもっていかずに、自分だけで独占すれば良いのです

投資を募るのは、失敗した時の損失を分配する(他人に押し付ける)のが目的です

ましてや、あなたは、あなたに良い話をもっていけば、常に倍返ししてくれる様な特別な人間ではないですよね?

②誰も他人のお金の事を真剣に考えたりしない

ファンドマネージャーは投資家から預かった資金を運用するが、彼らの顧客は見ず知らずの他人な訳で、全く面識のない人を心の底から大切に思う事はありません

自分の利益と顧客の利益を天秤にかけるような状況が生じたとき、どちらを優先するかは言うまでもありません

また、ファイナンシャルプランナーと言う肩書を持つ保険屋さんなどは、親身になって将来の資産運用プランを考えてくれますが、赤の他人の幸せよりも自分の実績の方が大切な訳で、最終的には経費率の高い保険などの金融商品を売りつけてくるのです

③誰も本当の事を教えてくれない

日本は法治国家なので、どれほど怪しくても司法の判断が下るまでは全ての人は推定無罪となります

報道機関も余程の事が無い限り、容疑者が逮捕されるまでは事件を報じる事が出来ません

ジャーナリストも、迂闊な事を書けば名誉棄損で訴えられるので慎重にならざるを得ないのです

要するに、あなたが騙されている事を知っていても、誰も助けの手を差し伸べてはくれないのです

④自分の資産は自分で守るしかない

投資において最も大事なのは、損をしない事ではなく騙されない事です

もちろん儲ける為にはリスクを取らなくてはならず、リスクを取れば損をする事もあります

投資に損失はつきものですが、それはリスク分散で管理できます

投資詐欺に引っかかると、財産のすべてを失い人生が台無しになってしまいます

そんな悲劇を避けるには、旨い話はすべて無視するのが一番です

安易に人に頼るのは、破滅へと至る最も確実な方法だからです

最終的な答えとは?

正しい情報と知識を学ぶ事に尽きます

投資は小額から始めて実績を重ねる事

損をしても大した事のない金額は人それぞれですが、その金額から始めれば様々な事に挑戦して試してみる事も出来ますし、その経験は最終的に自分の判断材料として生かす事が出来ます

行動しない事には何も解りませんし、結果を出す事も出来ません

自分に向いているとか不向きだとかの判断すら出来ないのです

何もせずに後悔する事と、やってみて後悔する事の意味は大きく異なります

行動したことは経験として自分の財産になるからです

人生の中では多くの経験をした方が、幸せを掴む確率を上げてくれます

多くの学びと同じくして、様々な経験をする事と言うのは、人生を豊かにする為に必要不可欠だからです

まとめ

「自分中心主義」とは?

自分の都合の良い解釈をして、正確な判断が出来ない状態と言えるでしょう

富裕層であっても、成功者であっても、貧困層であっても、特別な人間ではなく、時間を大切にし行動しているかの違いだけです

ビジネスの鉄則として、仕事が上手く行っている時など、特に調子の良い時にやるべき事はただ一つだけです

最悪の状況を想定して、手を打っておく事

調子の良い時にこれをする事で、多くの最悪な状況から復活出来ます

状況が悪化してからでは、焦りから適正な判断が出来ず、対応にミスや遅れが生じるのです

金融商品を扱う営業マン

視点を変え、売り手の立場で考えるだけで本質が見えてきたと思います

逆の立場だったらと視点を変える事で、相手がどんな思考で自分に近づいてきたのかを考察する事が出来ます

このように冷静な判断が出来る様に、常に意識して生活してみる事が自分を守る為のスキルとなります

本来、使ってはいけない魔法の言葉を乱発してきたら、十分に警戒しましょう

  • 「絶対に儲かります」
  • 「あなたにだけ特別にお教えします」
  • 「今こそ購入のチャンスです」

世の中に「絶対」はあり得ません

でも騙される人が後を絶たないのも事実です

騙す側も必死という事です

正しい情報と知識

カモにされるか?、資産を守るか?

大切な資産を守る為に、騙されない事が一番大事です

その為には、正しい情報と知識を身に着ける必要があります

自分から学ばなくては得る事が出来ない情報や知識ばかりです

誰も良かれと思って教えてくれる様な事が無いからです

だからこそこうしたブログに出会った時は、活かさなくては損をする事になります

資産を増やす為に金融投資は必要不可欠です

騙されない為に知っておかなくてはいけない基本が、資産運用4つの原則です

  • 確実に儲かる話はあなたのところには絶対来ない
  • 誰も他人のお金の事を真剣に考えたりしない
  • 誰も本当の事を教えてくれない
  • 自分の資産は自分で守るしかない

是非とも何度も読み込んで、頭に叩き込んでおきましょう!

最後に

人生の基本である「学び続ける事」さえ継続すれば、多くの情報と知識が身に付きます

人は努力を辞めてしまったとたんに、自信が無くなったり、迷いが生じたりします

「継続は力なり」なんて言うと、古いしダサいなんて言われそうですが、実に理に適った言葉だと思います

確かに時代の移り変わりによって、会社へ依存せず転職を給料UPの手段として取り入れ、ひたすら同じ会社に居る事の必要性はなくなりました

とは言え、職場を変えたとしても、自分自身の向上心は継続したままですので、新らしい職場で満足してしまい、努力を辞めたとたん、誰からも魅力的に映った姿は消えてしまうのです

人としての魅力や向上の手助けをしてくれるのが「継続は力なり」と言う事ではないでしょうか?

今回共有した情報は、橘玲さんの「臆病者のための億万長者入門」と言う書籍から引用しています

このような様々な情報が沢山詰まった、私自身のバイブル的な書物の一つです

気になった方は参考にしてみてください

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

臆病者のための億万長者入門 (文春新書) [ 橘 玲 ]
価格:825円(税込、送料無料) (2021/7/9時点)


それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA