Site Overlay

[ビジネス]「タイプ別・部下との付き合い方」

このブログでは学んだ事や経験した事を基に、皆さんが活かせる

情報を共有学びを得る場として有益情報無償公開しています

~時のブログ~

リーダーの悩み集計すると、結局は部下との付き合い方

接し方を悩んでいる人が 多い事が解ります

と言う事で「タイプ別の部下との付き合い方」について

シンプルに5つのタイプに分けて説明したいと思います

  • 批判的な人
  • 協調的な人
  • 客観的な人
  • ムードメーカー
  • 自己抑制が強い人

この様に5つのタイプに分けて付き合い方を説明していきます

・批判的な人

話をしていると、いつも否定的な事を言ってくる人っていますよね

テレビやラジオで言ってる事に対しても「違う」とか「間違ってる」

とかいう人ですね

こういうタイプは「批判的な人」と言えますね

逆を言えば正義感が強いタイプでもある訳です

常に持論を展開させたいタイプなので、頭ごなしに否定したりすると

反感を買うだけです

ですので、聞き上手になって途中で話の腰を折らずに持論を聞いてあげる

一度「なるほどね」と受け止めてあげてから「ではどうするか」を聞けば

自分なりの有効な手段を提示して来るはずです

論理的エネルギーがあるタイプなので、間違っている事論理的

修正してあげる事

自分の決めた事は、頑張るタイプです

・協調的な人

いつも周囲に気を配っている人居ますよね

他人に対して親身になって、世話をする事で 幸せを感じているんですよね

このタイプの人は周りから頼られる事が多いです

でもこのタイプは優しいので、仕事をガンガンやる事に苦手意識があります

と言うのは、自分を押し殺してしまうからです

協調性優しさ批判しない様にして、自分を出すように指導する事が

ポイントです

要するに、コミュを取る時に「あなたはどう思う?」とか

「あなたの意見を聞かせて」 と言った感じで

問いかけるのが有効となります

・客観的な人

現実的物事の先行きが読めるタイプですね

いわゆるクールなタイプです

このタイプは、時折冷たい奴と見られがちなので

情熱とかやる気が判りづらいです

だからと言って「やる気を見せろ」と言うのはNGです

「冷静沈着で安心して仕事を任せられる」事を伝えましょう

このタイプは慎重なのでミスが少ないのです

与えた仕事は確実にこなして行きます

ただ気を付けなくてはいけないのは、合理的に突っ走る時があるので

周りの意見を 聞かない時と言うか、くみ取れなくなる時があるのです

そんな時は「誰々の意見も聞いてくれないか」とサポートしてあげる事

全く否定するんじゃなくて「ここはあなたのやり方で勧めてね」

とこの様に指導します

・ムードメーカー

一言で言えば天真爛漫

人目を気にせず思うままに振舞う傾向があります

怒っても感情を引きずらないので、周りの人に楽しさ

魅力を感じさせる事が出来るのですが、度が過ぎると

自己抑制、歯止めが効かなくなって、軽率な行動

する事があるので要注意です

このタイプは人を巻き込むのが得意なので、優秀な人も多いです

何処か浮ついた所があるので、仕事は抜け漏れ多いのは事実です

ですので仕事に関しては、確認作業を怠らない様にしなくてはいけません

但し、ムードメーカーとして職場を明るくしてくれてる事に関しては

褒めてあげましょう

・自己抑制が強い人

このタイプは子供が親の顔色を伺う様に、常に自分の気持ちを抑えて

相手の期待に応えようとしています

ですので、強いストレスを抱え込んでいる事が多い訳です

人に考え方や行動を合わせる事が出来るので、言われた事を素直に完遂できる

とても良い特徴があります

ところが、普段から溜まり続けているフラストレーションが爆発して

たまに周りを驚かせる事があります

常々自分を抑えている為に、不満を抱えている可能性もあります

なので、まずは気にしてあげる事

愚痴を聞いてあげれば尚良いのですけど

何気ない会話でもガス抜きになりますので、貯め込まないように

何気ない一言を 掛けてあげる様にしましょう

「最近どうだ?」「問題ないか?」「何かあったか?」

何でも良いので 気にかけてあげて、接する様にしましょう

・まとめ

と言う事で、5つのパターンに分けて説明しました。

1番目は、批判的な人

2番目は、協調的な人

3番目は、客観的な人

4番目は、ムードメーカー

5番目は、自己抑制が強い人

人の性格は複雑ですので、ここにピッタリと会う人は居ないでしょう

しかし、この5つの要素をある程度持っている人が殆どですので

良く相手を観察すれば、最も当てはまる要素を見つける事が出来ます

あとは臨機応変にアプローチしていけば、人を動かす力を発揮できるはず!

人生には3つの課題があると言われています。

「仕事の課題」「交友の課題」「愛の課題」です

そしてこの3つの課題に共通する事は、全て「人間関係」であると判ります

人生において、人との付き合い方をマスターしておけば

優位に尚且つ楽に生きれる事を意味します

と言う事で終わりにします

「タイプ別の部下との付き合い方」参考になりましたでしょうか?

何かしらのきっかけになれば幸いです

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA