Site Overlay

[共通]「家庭と仕事」

仕事を続けていく上で、プライベートでトラブっている時って

集中力が削がれますよねって話です

人間は万全ではありません

心に迷いや悩み事を抱えると、実力を出す事が出来ません

平和な家庭を作る為の話をしていきますのでお付き合いください

  • 幸福な家庭を作る七原則
  • 結婚の失敗原因
  • 本との出会い

この順で解説していきます

幸福な家庭を作る七原則

プライベートでトラブルがあると、そちらに意識が行ってしまい

何事にも集中できなくなります

建設現場で集中力が無い時には、事故を起こしたりミスをする訳です

とても危険な状態ですよね

と言う事で、家庭が上手く行く為には?と言う話をしたいと思います

奥さんや旦那さん・彼氏や彼女、と言う関係でも共通した内容です

今回の資料はデールカーネギーの「人を動かす」の最後に記載されている

幸福な家庭を作る七原則と言う、付目からの引用です


1つめは、口やかましく言わない事です

本の中では、ナポレオン3世とリンカーン大統領夫妻の例が載っています

共に夫人が旦那の事を非難したり、不平を言ったりする性格だったようです

そしてこういう名言で締めくくっています

「世の妻たちは口やかましい小言によって、結婚の墓穴を掘り続けている」

だそうです。なんとなくわかりますよね

2つめは、長所を認める事です

これは人を育てる時と同じですね

裕福でもなく美貌がある訳でもなく、天然気のある女性と結婚した例が載っています

妻としては完全ではなかったけど、旦那さんが彼女の長所を十分に伸ばしてやるだけの

賢明さを持っていたのである。と締めくくられています

結局は短所に目を向けるのではなく、長所に目を向ける事

それだけで幸せな家庭は築けると言う事です

3めは、あら捜しをしないです

ここには離婚問題研究の権威の言葉が載っています

「世の中の結婚のうち50%以上は失敗に終わっているそうだ。 新婚の夢が破れ、

 離婚の憂き目を見る原因の一つは、あら捜しをする事だ」だそうです

付き合い始めた頃や新婚の頃は、夢や希望で他の事に気が回らないのですが

時が絶てばマンネリ化して、余計な所ばかり見る様になると言う事です

私が思うのは、「その事で誰か幸せになりますか?」と言う問いに照らし合わせ

判断しながら行動していれば、誰も嫌な気持ちにならなくて済むと思うんです

4つめは、褒めるです

これも人を育てる時と同じですね

こちらも良い文章でまとめてありますので紹介します

「女性が夫によって幸福を与えられるとすれば、この幸福は夫の賞讃と愛情以外の何処にもない

 そして、その賞讃と愛情が真実の物であれば、それによって夫の幸福もまた保証される」

正にこの事につきますね!

5つめは、ささやかな心尽くしを怠らない事です

女性は誕生日や記念日を重視しますが、男性にはよく理解できていません

しかし、相手の誕生日結婚記念日は忘れてはいけません

多くの離婚事案を見てきた判事の言葉ですが

「多くの離婚の中で、絶対に離婚の必要があるのは、ごく少数で、

大抵は、ささやかな愛情を出し惜しんだことが、主な原因だ」だそうです

6つめは、礼儀を守るです

無作法は、愛情を破壊する癌だと言う事は、誰でも知っているはずですが

家の者に対しては、知らない人に対する場合よりも、無作法に振舞うとの事です

確かにそうですよね(汗)思い当たることがあるのではないでしょうか?

夫や妻、彼氏や彼女に対して、なれ合いから礼儀が欠けて行き

無作法に振舞っているのかもしれません

礼儀はいわば、結婚生活の潤滑油だとも書いてあります

結婚の失敗原因

そして最後、7つめは、正しい性の知識を持つです

家庭生活の権威者である、博士の説が載っているのですが

結婚の失敗は通常、四つの原因から起こる

一番が、性生活の不調和。

二番が、余暇利用法についての意見の不一致

三番目が、経済的な困難

四番目が、心身の異常

だそうで性生活が一番なのですね。。。

ニューヨークの家庭相談所の所長になった、元神父の方がこう言っています

「結婚生活を幸福にする要素は色々あり、性の問題はその一つに過ぎない

 だが、性の均衡が破れると、ほかの要素は一切無駄になる。」

そして、正しい性の知識を得る為にはどうすればよいか?と言うと

「結婚生活の考え方と実際について、割り切った態度で論議を重ねる事だ

 一番良いのは、性知識を正しく教える適当な書物を読む事だ」

だそうです

「幸福な結婚は、成り行き任せではなく、懸命に慎重に計画されて

 初めてそれを築き上げる事が出来る」と書いてあります

まさにその通りで、将来の自分達の姿を想像し、どうなりたいのかを考えて

その為に計画し実行して行く事は、結婚生活のみならず仕事でも必要ですよね

本との出会い

私は20歳の頃に、このデールカーネギーと言う人を知り、多くの書物を読みました

皆さんご存じですか? あのカーネギーホールのカーネギーさんです

無一文で生まれ、世界一の大富豪になり、無一文で死んだ方です

私の人生を変えたと言っても過言ではありません

人生についての考え方を教えられ、自分と向き合う事の大切さも学びました

そして、今の自分があると確信しています

受け止め方は人それぞれですので、興味があれば読んでみて下さい

有名所ですと、「人を動かす」「道は開ける」などになります

それでは皆さんも、プライベートを充実させて、メンタル面でマイナスにならない様に

大切な相手を思いやり、自分の行動にも気を付ける様にして下さい

今回は終わりにしたいと思います

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA