Site Overlay

[基本]「時代を掴んで学びを得る」

今回は時代の流れと共に、過去と現在の起きている事について

我々の生活にどう影響して来るかを説明したいと思います

皆さんの人生設計を大きく揺るがす非常に重要な事です

流れる方向も解らずに波に乗れる訳ないですよね?

  • 日本の歴史
  • 政府と経団連の判断
  • これからどう生きるか
  • まとめ

この順番で進めていきますので宜しくお願いします

・日本の歴史

日本国は、鎌倉時代から平成の中期にかけて人口増加を続けてきました

物凄い勢いで増えていたのですが、これは全世界共通です

人口が増えると言う事は、それだけ物の需要が増えていったわけなのです

物を作れば売れる時代が到来しました

企業は大型工場を建設し、大量の物作りをしてきました

利便性を求め、沢山の製品が開発され、良い循環が形成されて行きました

しかし、平成中期から人口は減り続けています

そうなるとどうなるか?

今この国がどういう状況を迎えているか?

もちろん先ほどのが始まります

人口が減れば需要が減る

需要が減るから物が余る

物があっても売れない時代の到来です

まして、コロナ禍の経済低迷が重なってしまいました

そこで企業はどんな対応をするかと言うと、経費固定費削減です

大量のリストラをして経費を抑え、利益率をキープしていくのです

とは言え、働く人が居なくなっては話になりませんよね

ですが、大手企業は大型リストラをやらざるを得ません

伴ってリストラされる順番が決まってきます

契約社員から始まり、テレワークで無能が露呈した社員の順番です

ですので、将来を先取りしている人達が2019年から揃って言っていた事

大リストラ時代が来る」と口を揃えていたのですよ

こんな時代の中でも皆さんは大丈夫ですか?何か対策は始めてましたか?

もしもこの情報を今初めて聞いたのであれば、悩んでしまうかもしれません

政府と経団連の判断

令和の時代は、会社に依存しているだけでは駄目だと言う事になります

では実際に何をしなくてはいけないのか?

収入源を一つに絞らず、複数持たなくてはいけなくなると言う事なんですね

例えば、今の会社で定年まで生き残れたとします

退職金もどんどんベースが下がってきていますよね

年金も貰えるかどうかわからないし、年金にかかる税金まで上がってきている

ではいつまで働かなくてはいけないのか?老後はパート勤めでもやるのか?

もともと財産持ちの方なら何とかなるでしょうけどね

一般の方々はそうはいきません

建設業の中小企業や小規模企業者であれば、退職金は建退共ぐらいですよね

一般の中小企業であれば、中退共だけです

と言う事は、退職金として貰える金額は数百万です

そこで、国や大手企業は副業を推奨し始めました

どういう意味か解りますか?

国も企業も老後の面倒が見れないから、自分で稼ぐ能力やスキルを身に付け

勝手に生き残ってくださいと言っているのと同じ事なのです

これでは、全く安心できませんが、しかしこの現実は既に始まっています

ここで終わってしまうと、危機感だけ与えるだけになってしまうので

ではどうしたら良いか?と言う事ですよね

これからどう生きるか

様々なパターンがあると思います

例えば持ち家があって、住宅ローンも終わっているのであれば

その物件で賃貸収入を上げる

GDPや物価が30年も低迷した日本では、海外と違って定年後に

値上げした持ち家を売却して悠々自適な老後生活とはいきません

もちろん自分の住む家は、自分の生活レベルに見合った所に

住み替えしなくてはいけません

又は、若いうちであればフリーランスとして稼げるスキルを磨くとか

今は人生100年と言われています

出来る事なら、生涯生活できるであろう貯金を 貯めるのではなく

引退後も月に30万程度稼げるスキルを持っていた方が安心なのです

貯金や現金と言うのは、使えばなくなります

それよりも、最悪資産が無くなっても、 月に稼げるスキルの方が

安心材料になるからです

もしくは、大金を持っているのであれば、投資でお金に稼いでもらうと言う

お金持ちの発想になる訳です

ネットビジネスであれば、ネット環境とパソコンだけの最低費用だけで

ビジネスを展開できるのも事実です

実際に本業よりも、副業で稼いでいる人が既に沢山います

まずは行動しましょう!行動の無い所には何も生まれません

新しい事に挑戦していく中で、沢山の失敗挫折を味わう事になるでしょう

しかしそれは当たり前の事で、すべては経験スキルを積む為の通過点です

成功者は共通して、成功するまで諦めなかったから成功できたと言っています

何かを成し遂げる事とはこういう事なのです

まずは思考停止しせずに考えましょう

そして行動に移すのです

今皆さんが、まず初めに出来る事はここからですよね!

・まとめ

人口が多く簡単に物が売れる時代が終わり、物が売れない時代となりました

終身雇用制度も崩壊し、個人で稼ぐ力を必要とする時代です

その為には新しい挑戦をする事になります

ここで行動する人としない人に分かれ、そのまま貧富の格差として結果が出ます

これを聞いてもまだ99.9%の人は何もしないでしょう

と言う事は、0.1%になれば富裕層になれると言う事です

ですので、富裕層の比率が低い事が解りますよね!

今とりあえず生活出来ているから別に何もしなくて良い」と考えた結果

日本人は失われた30年を創り出してしまいました

他の国と比べ、金融リテラシーの低い国民である事

学びに投資をしない国民である事

統計データで出ているので、他国からの認識もそう見られています

悔しくないですか?情けなくないですか?私は物凄く悔しいと思っています

ですので挑戦を続け失敗を繰り返しても継続してきたからこそ

今の自由な自分を手に入れました

知らなかったからと、情報弱者になっている事も責任があり

情報を知って何もしない事にも責任があります

良くこの事を考えてみて下さい

「あなたの守るべき家族や人々が貧乏であるなら、

 それは間違いなくあなたの責任です」

と言う事で終わりにしたいと思います

それではまた!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA