Site Overlay

[基本]「ベーシックインカムとは?」最低限所得補償について基礎知識

このブログでは学んだ事や過去の実績を基に

有益な情報を無償で共有し、学びの場として

公開しています

時のブログとは?

「ベーシックインカム」(最低限所得補償)

実施については賛否両論ではありますが

皆さんはどういう事か知っていますか?

以前うちの会社の部会の時に、社員へ

聞いてみたら誰も知りませんでした

と言う事で、ベーシックインカム

について解説したいと思います

ベーシックインカムとは?

ベーシックインカムとは何か?

政府から未就労で給付金を貰う政策です

これだけを聞けば、ただでお金が貰える

素晴らしい政策だと思いますよね!

これは沢山の方が方法を論じているので

細かく別ければ様々なやり方があります

ですので大雑把に説明と言いますか、

大きく2つの基本パターンを説明します

一律同金額支給する方法

1つ目は、国民の各個人の収入を問わずに

一律の金額を、政府が毎月国民全員に

支給する方法です

収入に応じて支給する方法

次に各個人の収入に応じて、決められた

金額を毎月支給する方法です

これが大きく2つの基本パターンです

この政府からの支給するお金は、

未就労で貰える給付金と言う形ですね

前者は収入を問わず、一人当たり

例えば毎月8万円が政府から支給される

事になるのであれば・・・

3人家族なら24万円支給されます

後者は、収入額によってガイドラインが

儲けられ、収入額がガイドラインを越えれば

支給額はゼロになり、ガイドラインより

低くても、近づくにつれて支給額が減る方法です

大体この2つを原則として、設定金額や

ガイドラインの金額、又は支給対象など

細かい事を言えば無数にある訳です

メリットとデメリット

得をしたり損をするパターンの説明です

これもいろいろ細かい設定によって

変わってきますが、基本的な部分で説明を

していきます

メリット

未就労で一定金額が毎月支給されると言う事

ですので、一般的にメリットですよね

もちろん税金でこの費用を負担しますので

一人当たり毎月何十万も支給するのは不可能

でしょうけどね

本業の収入プラスアルファ的な考えであれば

十分ではないでしょうか

「年金を貰えないのでは?」と言う不安も

無くなる事になります

老後も同じく同額を給付されるので、一生

収入を確保できます

デメリット

損をする人が出てくる可能性もあります

例えば、身体が不自由で今までは

月に20万円の給付を受けていた人などは

給付金が無くなり、一律の8万円しか

貰えなくなるとか十分考えられます

恐らく年金受給程度の金額になる

でしょうから、こうした事が在り得る

と思います

生活保護の受給者も同じ事ですね

どんな事にも良い面と悪い面は

背中合わせであると言う事です

ベーシックインカム制度が始まると?

新しい制度が始まれば、それに応じた

生活に切り替えなくてはいけません

先ほどの20万円が8万円になってしまう

パターンを言えば、月の不足分12万円を

稼ぐか、もしくは生活レベルを下げて

8万円で生活できる様にするしかありません

余力の出来た家族に補ってもらうとか、

様々な対応は必要となります

訪れるニューノーマル

要するにこの制度は、今現在の各給付金を

1本化してその経費を削減する事も目的と

なっていますので、生活保護や医療補助

などの給付は無くなると考えられます

コロナ過が終息した後の生活パターンを

ニューノーマルと言いますが、この制度が

開始すれば、新たなニューノーマルが

生まれると思います

皆さんもここまで聞いて、自分の立場や

環境によって、様々な問題が浮かんだ

かもしれませんね

まとめ

実は過去にアメリカで一部の人を対象に

実際にテストした事があるそうです

そしたら面白いデータが取れました

男女とも共通して就業時間が減ったそうです

言い方を変えれば労働収入が減ったそうです

要するに、例えば今まで月に30万稼いで

いたとします

この制度で毎月8万円支給される事になりました

と言う事は、今の生活を維持するには、

本業で22万稼げば良いと言う事になります

早出や残業、休日出勤をしなくとも生活

できるとなれば、無駄な労働はしない

と言う考え方になったんです

これを聞いて皆さんはどう思いましたか?

私はゾッとしました

人間は楽を選ぶと言う事です

努力や苦労を避けようとする

これが本性です

今までの記事で言ってきた通りの結果です

99.9%は挑戦せず、0.1%しか挑戦しない

そう言って来ましたよね

それでは、このベーシックインカムを

導入したらどうなるでしょう

間違いなく貧富の差が大きくなり、

努力する側と楽をする側に分かれますよね

とは言え、一色端に悪いとは言いません

老後の生活は保障されますし、逆を言えば

給付金で最低限の生活をしていれば

色んな事にチャレンジをして、失敗しても

恐くないんですよね

元に戻るだけですものね

最低限の生活は不労働で確保できている

訳ですから問題ありません

本来であればチャレンジし放題なのですけれど

きっとGDPは失速するでしょうね

AI、ICTなど、自動化でロボットが

人類の職をどんどん奪ってきます

こう考えた時に、ベーシックインカムは

理に適っているのでしょうか?

時間外や危険な仕事はロボットに

任せる事によって人類の就労時間が減る

そこで生じる収入の減額分を補填する

システムとなるのでしょうか?

日本が導入するまでの流れ

日本が先陣切ってベーシックインカムを

導入する事はないでしょう

他の先進国が導入した後で、情報収集し

検討した上で導入すると思います

まとめ

何事にも良し悪しがある訳ですので、

そこに対応する能力だけは持っておきたい

と思いますよね

と言う事で「ベーシックインカム制度」

如何だったでしょうか

なんとなくでもこの制度の事が

解ったのではないでしょうか?

いずれどんな形になるにせよ、

ベーシックインカム制度は導入

されると思います

まだまだずっと先の話なので、

私が生きているうちにやるのかなって

感じはします

とは言え、時代は駆け足ですので、

どうなるかは判りませんよね

と言う事で終わりにしたいと思います

それではまた!

[基本]「ベーシックインカムとは?」最低限所得補償について基礎知識」への2件のフィードバック

  1. ペチカ さんの発言:

    ベーシックインカム、うっすらしか理解してないのですが、子供の事を考えると、あったほうがいいなぁ。と思いました。天翔さん、体調いかがですか?私はものすごい引きこもりです!アウトドアは仮の姿です。笑

    1. ペチカさん、コメントありがとうございます。
      ベーシックインカムは年金問題解消の為に、いずれはやる事になると思います。
      体調ですか。先月の24日から絶不調でして、ゴルフもキャンプにも行けず、、、
      と言うか出かける事もままならずに私も引き籠ってます(汗)
      昨日久しぶりに海を眺めに行ってみましたが、人が一杯で逆効果でしたw
      お互い無理せずマイペースが一番ですね♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA