Site Overlay

[株式情報]CPI発表!によって大暴落!「今後の予想と相場観」

こんばんは

現在は 2022.9.14 20:02 です

昨夜の21:30に9月CPI発表がされました

ちょっとこの書き方だと不親切ですね。。。

9月の発表ですので8月の消費者物価指数の結果報告という事です

CPIはどうだったのか?

予想が8%に対して、結果は8.3%と若干ですが予想を超えてきました

要するにFOMCが利上げを始めていますが、まだ効果が出ていないという事です

メディアやウォール街では、当初の予想として0.75%の利上げをした事でインフレは高止まりではないのか?下げ始めるのではないか?と言った話が出ていましたが、残念ながら大外れです

楽観的な発信者をよそに、インフレは収まろうとしていません

という事で、昨夜の発表後に米国株式市場は、2020年以来最高の1200Pの暴落をしたと言う訳です

今後のFOMC予測

今回の結果を受けて、FRBのパウエル議長はFOMCでの発言通りに利上げ継続するでしょう

次回の予想値は楽観的な発信者が0.5%とか言ってましたが、0.75%継続や1.0%の利上げもあるのではないかと言う状況に変わりました

今後の米国経済を見据ると、正しく先月ぐらいに騒がれたリセッションが来る可能性があります

利上げによる経済悪化は避けられないでしょうし、米国だけではなく欧州も同じ事です

しかも欧州ではウクライナ危機によってロシアからのエネルギーが供給されず、これからの冬季期間は更にエネルギー価格の上昇が考えられます

となれば、国民の家計を打撃し、インフレではなくスタグフレーションが起こるかもしれません

これに耐え切れなくなれば、欧州危機が起こり、そこを火種として世界恐慌もあり得ます

米国や欧州諸国の利上げが続き、アジアのマネー危機が既に起き始めています

これは円安であたりウォン安、中国経済もヤバくなってきていますので、世界情勢を気にしている人であれば理解できると思います

今後の日本はどうなる?

現在は円安ですので、海外観光客の取り込みに注力していますね

爆買い目的の外国人が窓口を広げた事によって増加し始めました

今の円安って、どのぐらい日本がお安いか知ってますか?

日本ではラーメン1杯の値段に対して1000円の壁と言うのがあります

日本国内で1000円を超えるラーメンを提供する為には、試行錯誤しそれなりの食材だったり、体験を提供しなくてはいけません

日本国民も1杯1000円のラーメンと聞けば高いと言う感覚ですよね

では米国では?と言うと、ラーメン1杯3000円が当たり前です

4000円だと何か高級食材を使っているのかな?とか思うレベルです

丸亀製麺を御存じでしょうか? 釜揚げうどんが1杯290円で食べる事が出来ます

しかし米国では1杯1200円するのです

素うどんに1200円って日本国内ではありえませんよね(笑)

しかしこれが現実なのです・・・

いずれ円高がやってくる!

米国がインフレ対策を頑張っている訳ですが、いずれいつかはインフレが収まり、景気回復を目指して利下げと金融緩和を行う事になります

そうなればおのずと円安は解消され、円高に向かいます

さてそこで問題です! 円高になった後の日本は何で海外とビジネスで戦うのでしょうか?

円安の現在は観光業で対応しています

円高になった日本は国産品を高く売りたいので輸出に頼りたくなります

さて、お買い得ではなくなった日本製品の何が売れるのでしょうか?

マンガやアニメ? 日本が誇れるもの・・・何かありますか?

海外より安く、高性能な物って?

本気でヤバいと思いませんか?

今後の日本社会では、今のサラリーマンの3分の1がリストラされると言われています

何故なら企業の経営が苦しくなるからです

貧富格差は広がり、もうベーシックインカムに頼るしかない国民は増えるでしょう

[基本]「ベーシックインカムとは?」最低限所得補償について基礎知識

だからこそ、個人の力を身に付けておくべきです

自己投資をして金融リテラシーを上げ、個人で稼ぐ力を備えておく事は必要最低限であり、幸せな人生を謳歌する為に今すぐにでも始めるべきです

このブログに出会った人達に幸せになってもらいたい一心で情報提供し続けてきました

この思いが届く事を祈りつつ、今回はこれでおしまいです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA